忍者ブログ
噂の闇金の掲示板は本当に存在するのか調べます
<<10/123456789101112131415161718192021222324252627282930/12>>
[118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ハゲを愛する。
「バーコードリーマン」―髪がバーコード状態のおじさん
サラリーマンのことだが、世間的には「いっそ坊主にすればいいのに」
とか「みっともない」とか散々に言われちまう彼らを、
愛情たっぷりに描いているイラストレーターがいる。
パッと見、小田原ドラゴンのマンガにも似た雰囲気の絵だが、
それを描いているのが、おっとりした女性だから、驚く。
小野寺奈緒さん。男性誌やビジネス誌で活躍する、まだ22歳の女性である。
彼女がなぜ「バーコードリーマン」を描き始めたかと言うと……。
「最初はお父さんに『似顔絵』を描いてって言われたのがきっかけで。
父はバーコードじゃなくて、おでこが後退気味ぐらいなんですが、
それまで女の子ばっかり描いてきて、おじさんを初めて書いてみたら、
すごく楽しかったんですよ!」
それ以来、毎日1人以上のペースで、おじさんばかりを描くよう
になったそうだが、「バーコード的なもの」の誕生は偶然だったとか。
「頭をあらくガガッと塗ったイラストを見て、デザイナーさんが
『このハゲた感じがイイ』と言ってくれたんですよ。確かに、
それまでよりも肩の力の抜けた、イイ感じが出ていて……」
ちょうどファッションイラストレーターになるか迷っていた時期で、
「ハゲたおじさんの絵」に腹をくくったのだという。
「今では電車の中でも、イイ感じのおじさんをついチェックしちゃいます。
白い紙を見ると、思わずバーコードリーマンを描いちゃうくらいです(笑)」
そんな「バーコードリーマン」の魅力は、どんなところなのか。
「お父さんが頑張って手に入れた、そこそこ安定した生活……という感じ。
可愛くて、ちょっと可笑しくて、哀愁がある。日本のサラリーマンなら
ではじゃないですか?」
個人的には「ちょい不良(ワル)」とか、ギラギラした
「ラテンおやじ」みたいなのは、どうも苦手。哀愁漂う、かなしかわいい
「ザ・日本のサラリーマン」=バーコードリーマンに、
まだまだがんばってほしいと思います。
PR
バーコード
忍者ブログ [PR]

design by AZZURR0